男子50㍍背泳ぎで銅メダルを獲得した金持義和(右)=トルコ・サムスン(全日本ろうあ連盟提供)

 トルコで開かれている聴覚障害者のスポーツの祭典「デフリンピック」の競泳男子50メートル背泳ぎで、唐津商高出身の金持義和(23)=大阪体育大大学院2年、エイベックス所属=が20日、銅メダルを獲得した。世界記録(当時)を樹立し優勝した2013年の前回大会に続き表彰台に立った。

 金持は32選手が出場した予選を27秒91で3位通過。決勝では優勝した米国人選手に、自身が持つ27秒06の世界記録を塗り替えられたが、予選よりもタイムを短縮し、27秒29で3位に入った。

 金持は21日の800メートルリレー、22日の200メートル背泳ぎ、24日の400メートルメドレーリレー、25日の100メートル背泳ぎ、26日の400メートルリレーにも出場する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加