スーパーティーチャーに新たに認証された6教諭=県庁

 佐賀県教育委員会は28日、高い専門性や指導力のある「スーパーティーチャー」に小学校教諭5人、県立校教諭1人を新たに認証した。

 認証されたのは国語で福田美幸教諭(45)=武雄市・北方小、体育とICT利活用で久保明広教諭(40)=鳥栖市・弥生が丘小、道徳で深川治孝教諭(45)=神埼市・脊振小、外国語活動で川原浩子教諭(49)=佐賀市・春日北小、特別支援教育と通級指導で四方康雄教諭(43)=嬉野市・五町田小、数学の北川宏武教諭(47)=佐賀西高。

 県庁の認証式で古谷宏教育長は「これまでの優れた教育実践を生かし、県全体に知見や指導力を波及させて」とあいさつ。代表して福田教諭が「子どもたちにとって分かりやすい授業、力のつく授業を目指すとともに、人材育成に貢献できるよう今後さらに専門性追究と日々の研さんに努める」と決意を述べた。

 スーパーティーチャーは更新者を含めて計26人。県内教員の指導力向上へ、研修での模範授業や校内外で助言をする。

このエントリーをはてなブックマークに追加