末安伸之氏

 任期満了に伴う三養基郡みやき町長選は28日、告示され、無所属で現職の末安伸之氏(60)=簑原=以外に立候補の届け出はなく、無投票で4選が決まった。立候補を表明していた現職の実兄で不動産賃貸業の末安長夫氏(65)=白壁=は「兄弟対決ばかりが注目されるのは自分の思いと異なる」と出馬を見送った。町長選の無投票は3回連続。

 末安伸之氏は、無投票再選について「学ぶ点、反省すべき点もあり結果を重く受け止めたい」と述べた。4期目を「官民連携が進み、条件や環境が整っていよいよ本番」と位置付け、「定住促進や子育て支援などを継続させ、町民主役のまちづくりをやりたい」と抱負を語った。

 伸之氏は37歳で中原町長に当選。2005年に中原、北茂安、三根の3町が合併してみやき町が誕生した際、当時の北茂安町長との一騎打ちを制し、初代町長に就いた。インフラなど旧3町の平準化を進め、近年は定住促進と子育て支援を打ち出し4年連続の転入超過を実現、その実績と事業継続を訴えた。

 町議補選(欠員1)は、元職1人、新人2人の計3人が届け出て選挙戦となった。投開票は4月2日。期日前投票は29日から4月1日まで町庁舎・防災センターで実施する。選挙人名簿登録者数は2万1699人(男1万215人、女1万1484人)=27日現在。

■末安伸之(すえやすのぶゆき)(60)無 現(4)

県町村会長、町社協会長(中原町長、社会福祉法人常務理事)熊本商科大卒、簑原 

このエントリーをはてなブックマークに追加