キャンプに合流し、インターバル走で汗を流したMF水野(左)とFW小野(左から2番目)=沖縄県の読谷村陸上競技場

 サガン鳥栖沖縄キャンプ8日目の26日、新加入のFW小野とMF水野がチームに合流した。キャンプ期間中に鳥栖の一員に決まった二人はダッシュとジョグを繰り返すインターバル走などで汗を流し、上位進出に向けたチーム内の活性化を誓った。

 チームは同日午後から練習を行い、インターバル走とミニゲームなどを行った。小野、水野の両選手は、インターバル走を終えると別メニューで調整した。

 小野は練習に参加した感想を「すごく真剣に取り組んでいて、いい雰囲気」と話し、「優勝を目指せるチーム。サポーターの方に毎試合楽しんでもらえるよう、常に目に見える結果を求めていく」と抱負を述べた。水野は「ゼロからのスタートだと思っている。10日間のキャンプでしっかりと体力を高めていく」と力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加