海や川など水辺の近くで、白っぽい大きなタカの仲間を見かけることがあります。大きさはトビくらいです。この鳥は「ミサゴ」と言います。一年中見かけますが、冬は北の方のミサゴたちが暖かい九州にやってくるようで、特に数が多くなります。

 ミサゴはタカの仲間の中では珍しくほぼ魚だけを食べています。そのため、カモやシギの上を飛んでも、カモたちは全く警戒する様子がありません。自分たちは襲われないことを知っているんですね。

 ちなみにミサゴの英名は「オスプレイ」。有明海でも話題の航空機の名前はここからきています。

(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長 中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加