関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の運転を再び認める28日の大阪高裁決定。佐賀県内では、再稼働を容認する首長は「当然」とする一方、反対派や同様の裁判を争う市民団体は反発を強めた。

 安全の確認と県民の理解を前提に「再稼働やむなし」の姿勢を見せる山口祥義知事は「司法が一度は止めて、今回は別の判断だったと思う。これからも注視していく」と冷静に受け止めた。九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の再稼働判断への影響については「それはない」と断言した。

 「至極当然の話」。玄海原発の再稼働を容認した岸本英雄玄海町長は淡々と語る。1年前に大津地裁が運転を差し止めた決定を疑問視し「裁判官によって判断が右に行ったり左に行ったりするのは、司法界にも国民にもいい話ではない」。

 再稼働に反対する伊万里市の塚部芳和市長は「将棋倒しみたいに再稼働が進められていく印象」と警戒。反対派のよりどころになっていた大津地裁決定が覆り「はしごを外されたようなものだ」とおもんぱかった。

 佐賀地裁に玄海3、4号機の再稼働差し止めの仮処分を申請している玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会の石丸初美代表は「福島の事故があったのに、止める力を持った司法が責任を果たしているとは思えない」と怒り、近く出る見通しの地裁判断に対し「裁判官は胸に手を当て、住民の顔を思い浮かべて判断してほしい」と切望した。

このエントリーをはてなブックマークに追加