青空の下、開会式で整列する参加41校の選手たち=佐賀市のみどりの森県営球場

 第98回全国高校野球選手権佐賀大会は9日、佐賀市のみどりの森県営球場で開幕した。甲子園への切符をかけた、約2週間にわたる球児たちの熱い夏が始まった。

 開会式では、昨年優勝の龍谷を先頭に参加41校の選手が力強く入場行進。1000人を超える観客が見守る中、三養基の大嶌達矢主将が「見る人を勇気づけ、心に残るような全力プレーをする」と力強く選手宣誓した。

 この後1回戦2試合があり、佐賀西と佐賀北が2回戦に進んだ。10日は同球場と佐賀ブルースタジアムで1回戦6試合がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加