(1)「臨 魏霊蔵造像記」 土谷 萌華(唐津南2年) 造像記の力強さに引かれて制作しました。画数が多かったので、文字のバランスを取ることに苦労しました。

(2)「臨 曹全碑」 藤田 羽雲(唐津東2年) 曹全碑の最大の魅力である、波磔の伸びやかさを意識して臨書しました。黒と白のバランスを心掛けて書いたので、そこにもぜひ注目してください。

(3)「臨 比丘恵感造像記」 壇 七星(鳥栖2年) 造像記らしい力強さが出るように、文字の曲がり角を押さえ、弱い線を出さないように心掛けて書きました。

(1)「臨 魏霊蔵造像記」

  土谷 萌華(唐津南2年)

 造像記の力強さに引かれて制作しました。画数が多かったので、文字のバランスを取ることに苦労しました。

(2)「臨 曹全碑」

  藤田 羽雲(唐津東2年)

 曹全碑の最大の魅力である、波磔の伸びやかさを意識して臨書しました。黒と白のバランスを心掛けて書いたので、そこにもぜひ注目してください。

(3)「臨 比丘恵感造像記」

  壇 七星(鳥栖2年)

 造像記らしい力強さが出るように、文字の曲がり角を押さえ、弱い線を出さないように心掛けて書きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加