開会式で選手宣誓する三養基の大嶌達矢選手=10日、佐賀市のみどりの森県営球場

 開会式の選手宣誓を引き当てたのは2年連続で三養基。大嶌達矢主将が「支えてくれた方への感謝を忘れず、見る人の心に残る全力プレーで最後の瞬間まで戦い抜く」と力強く誓った。

 昨年宣誓した高島紘平さんに「大勢の人で埋まったスタンドを見ると緊張するよ」とアドバイスを受けたが、「つい目に入って、言葉を忘れそうになった」という。それでも「2年半の思いを乗せることができた」と出来には満足した様子。

 チームは10日、神埼との初戦に臨む。大嶌主将は「宣誓でチームに勢いを与えることができたと思う。引かずに攻める野球を見せたい」と意気込んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加