神職や関係者が、シーズン中の安全を祈願した海開き=太良町の白浜海水浴場

 有明海の人工ビーチとして知られる太良町大浦の白浜海水浴場で8日、海開きがあった。岩島正昭町長ら関係者約40人が神事に参加し、シーズン中の安全を祈願した。

 白浜海水浴場は、特産の竹崎カニのはさみをモチーフに、浜の左右2カ所に突堤が延びているユニークな造り。1994年にできて以来、ピークの98年には約2万1000人、近年は7000人前後が利用している。

 神事の後は、恒例となっている地元の保育園児による初泳ぎやスイカ割りが予定されていたが、この日は雨のため中止になった。

 遊泳期間は10日~8月31日。午前9時から午後5時まで開放する。海は最大で6メートルの干満の差があるため、泳げる時間帯は町のホームページで確認できる。問い合わせは白浜海水浴場、電話0954(68)2273。

このエントリーをはてなブックマークに追加