「熱いファイトで元気を与えたい」と意欲を見せた全日本プロレスの宮原健斗選手=佐賀市の佐賀新聞社

 全日本プロレス所属で、2月の3冠ヘビー級王座決定戦で史上最年少3冠王者に輝いた宮原健斗さん(27)が、佐賀市の佐賀新聞社を訪れた。宮原さんらは21日、佐賀市のホテルマリターレ創世で「2016サマーアクションシリーズin佐賀~熊本地震 復興支援チャリティーツアー」を開催。約20人が熱戦を繰り広げ、佐賀から熊本に勇気を届ける。

 佐賀での開催は全日本プロレスとホテルマリターレ創世が、「佐賀から何か熊本の支えになることができないか」と企画した。

 宮原選手は福岡県出身。父が佐賀市出身で、佐賀には小さい頃からゆかりがあるという。伝統ある全日本プロレスの佐賀でのマッチは久しぶりといい、「熱いファイトで元気を与えたい。普段感じることのない非日常な空間を味わってほしい」と来場を呼び掛けた。

 当日は午後6時半開演。特別リングサイド7000円、リングサイド5000円、指定席4000円。問い合わせはホテルマリターレ創世、電話0952(33)5511。

このエントリーをはてなブックマークに追加