一打一打に気持ちを込めて打ち込む選手たち=鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場

 第26回佐賀新聞社杯鹿島・嬉野・塩田・太良地区グラウンドゴルフ個人選手権大会が26日、鹿島市の蟻尾山公園グラウンドゴルフ場であった。青空の下、約300人が二つのパートに分かれて頂点を争った。Aパートは田口英明さん(76)=塩田町GG協会=が47打、Bパートは中嶋俊幸さん(67)=同=が52打でそれぞれ優勝した。

 日本グラウンドゴルフ協会認定の24ホールを4~7人のグループで回った。芝の長さやコースの起伏を読みながら自前のクラブでボールを打ち、「ナイスショット」「ちょっと上ってるよ」と声を掛け合いながらプレーを楽しんだ。

 大会は佐賀新聞鹿島・嬉野・塩田・太良販売店会と佐賀新聞社、鹿島市グラウンドゴルフ協会が主催した。男性の最高齢者賞に岩永富男さん(90)=飯田=、女性は八色津多枝さん(87)=犬大袋クラブ=が選ばれた。

 =2位以下の順位=

 Aパート (2)梅崎彬(大手クラブ)大橋ミヨ子(旭ケ岡)(4)諸上四郎(馬渡GG愛好会)(5)伊東逸(元気クラブ)(6)山下良子(かんらんクラブ)(7)三ケ島義弘(行成平成会)(8)渕清己(舟遊会)(9)中村忠義(執行分)(10)山口勝利(旭ケ岡)▽Bパート (2)野中清吾(下古枝愛好会)(3)永池勝(執行分)(4)中村米文(若殿分GG愛好会)(5)松本泰延(同)(6)江頭毅一郎(G&G)(7)橋川幸広(大殿クラブ)(8)小柳靖(大村方愛好会)(9)副島昭三(旭ケ岡)(10)江崎則善(元気クラブ)

このエントリーをはてなブックマークに追加