鳥栖-札幌 前半、先制ゴールを決め、仲間と抱き合って喜ぶ鳥栖MF鎌田大地選手=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第13節第1日の27日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムでコンサドーレ札幌と対戦し、1-0で競り勝った。ホーム戦は5試合連続の完封勝利で、順位は11位から10位に浮上した。

 鳥栖は前半38分、MF鎌田大地選手の今季3点目となるゴールで先制。後半は札幌に攻め込まれて危ない場面もあったが、GK権田修一選手を中心に守備陣が体を張って守りきった。

 鳥栖は第14節の6月4日午後4時から、埼玉県のNACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加