必勝を期して、会場に集まった支持者とガンバロー三唱する峰達郎候補(中央)=唐津市民会館

 唐津市長選候補者の峰達郎氏(56)は27日夜、唐津市民会館で総決起大会を開いた。峰氏は「今回は旧唐津市と旧郡部の戦いと言われているが、そうは思わない。唐津を本当に一つにする戦いだ」と主張、地域が一体となり、潜在力を発揮する必要性を訴えた。

 大会には1500人(陣営発表)が参加し、小松政武雄市長も応援に駆け付けた。病院理事長の平川英典後援会長は「この機会を逃せば唐津の明るい未来はない。今回が最後のチャンス。峰達郎君を市長に」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加