札幌は3連敗。エース都倉を中心に攻撃を組み立てたがゴールが遠く、「何とか勝たせたかった。勝ち点1でも取りたかった」と四方田監督は肩を落とした。

 連敗中は全て先制点を許し、引いて守る相手を崩せていない。この日は後半に入って何度も好機をつくったが、「ゴールまで行けなかった。我慢強く、チーム一丸となって改善する」。監督は最後まで険しい表情だった。

 札幌・MF早坂良太(昨季まで鳥栖に在籍)やりづらかったし、難しかった。知っている顔が多く、今までやってきたシチュエーションと逆なので、変な感覚だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加