松浦鉄道浦ノ崎駅を視察する佐賀県の山口祥義知事(左)と長崎県の中村法道知事(右)=伊万里市

 佐賀県の山口祥義知事と長崎県の中村法道知事は29日、西松浦郡有田町内で会談し、諫早湾干拓事業の開門調査を巡る長崎地裁和解協議が打ち切りになったことを踏まえて「有明海再生を第一に考える」という意見で一致した。

 会談は両県の地方創生に関する連携協定に基づく視察に合わせて実施した。両県にまたがる重要課題である諫早湾干拓事業の開門調査問題や、玄海原発の再稼働などについても情報、意見交換をした。

 開門調査を求める佐賀県に対し、長崎県は反対を主張している。終了後、記者団に対応した山口知事は「(沿岸の)4県分断という妙な話になっているのは大変残念。有明海再生はみんなの願いなので、しっかりと心を合わせてやっていきたいと伝えた」と強調。中村知事も「一番の目指すところはそこだということを確認させてもらった」と説明した。

 原発再稼働に関して、中村知事は「長崎県内の地元説明会で出た意見や動きなどの状況を伝え、情報共有させてもらった」とした上で、今後の対応については「住民の思いや疑問点を踏まえて、長崎県の立場で国や事業者に申し上げていかなければならない」と述べ、知事としての賛否は伝えていないことを示唆した。山口知事も「長崎県の状況をうかがったので、しっかり頭に入れておこうと思った」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加