【烏鎮共同=木梨孝亮】米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」は27日、中国浙江省烏鎮で行われた「世界最強」とされる中国人棋士、柯潔九段(19)との3番勝負の最終局に勝利し、3局全勝と圧倒した。柯九段は対局後の記者会見で、力の差を認め「アルファ碁は完璧で欠点がない」と強調した。

 ディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者(CEO)は「AIの大きな可能性を示せた」と述べた上で、対局は今回で最後にすると表明した。

 3回の対局で、アルファ碁はミスのない安定した力を発揮し続け、AIの飛躍的な進歩を証明した。医療分野などでの活用に期待が高まっており、世界各国で開発競争が一層激しくなりそうだ。

 3局目は、アルファ碁が序盤からリードし、そのまま押し切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加