メルセデス・ベンツ日本(東京)は21日、親会社のドイツ自動車大手ダイムラーが実施する高級車「メルセデス・ベンツ」のディーゼルエンジン車のリコール(無料の回収・修理)について、日本に輸入された車も対象となると明らかにした。これまでは欧州での販売車と仕様が異なるため、リコールの対象外と説明していたが、本社からの通知で説明を一転した。

 関係者によると、対象車は数万台になるとみられる。ベンツ日本は「本社から欧州と同様の対応を取ると説明を受けた」と表明。ベンツ日本は、主力の「Eクラス」をはじめ日本でディーゼル車14車種を展開しており、2016年に販売した6万7千台のうち約2割をディーゼル車が占めている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加