♪丘のホテルの/赤い灯も/胸のあかりも/消えるころ/みなと小雨が/降るように…。横浜を舞台に、シルクハットに燕尾服(えんびふく)姿で歌う美空ひばりさん。1949(昭和24)年の映画「悲しき口笛」の主題歌で当時、彼女は12歳。天才少女と呼ばれたころを代表するその姿が、強く印象づける◆昭和12年5月29日に生まれたひばりさんが生誕80年を迎えた。すさんだ世相の中から突如現れ、戦後歌謡界の女王といわれるまでに育っていった。「リンゴ追分」「港町十三番地」「悲しい酒」「川の流れのように」…。歌の力に励まされ、それぞれに口ずさむ曲があろう◆昭和が幕をおろした年に52歳で逝った。彼女自身が戦後を体現している。最大のヒット曲が「柔(やわら)」で昭和39年に発表された。放送中のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の時代背景が、ちょうどこのころだ◆集団就職で東京に出てきた18歳のヒロインらがラジオ工場に就職し、寮生活を送る。ドラマで展開される「女子トーク」がまばゆいばかりだ。思えばこの時代、日本経済は右肩上がりで輝いていた◆人口減少、貧富の格差…。今は経済を含めて課題山積で、どうも元気がない。「昭和の歌姫」とともに、あの時代は遠くなった。もう高成長の時代は戻ってこないかもしれないが、成熟していけばいい。前を向いて歩きたい。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加