深夜放送ブームを引っ張ってきた「オールナイトニッポン」が、放送開始から今年で50年だそうである。個性豊かなパーソナリティーが若者たちの熱い支持を集めてきた◆私事ながら高校生の時に聴いていたのが笑福亭鶴光さん。ちょっと下品ではあったが、勉強も手につかない面白さがあって、たまらなく懐かしい。1970年代半ばのころである。80年代後半のバブル経済期まで、日本は戦後のつかの間の平和の時代といわれた◆オイルショックが起きて高度経済成長が終わり、激しい学生運動も終息していた。若者が政治に熱狂する時代が過ぎて、世の中には無力感が漂い、「しらけ」という言葉がはやったのがこのころ。筆者の高校時代は、無気力・無関心・無責任の「三無主義」が盛んにいわれたことを思い出す◆振り返れば18歳のころは政治に関心なんてなかったが、今の世代は違う。昨夏の参院選から導入された「18歳選挙権」である。唐津市長選・市議選、白石町議選はきょうが投票日。選挙権年齢が引き下げられて県内では初の地方選だ◆折り悪く、受験など進路を決める時期とぶつかってしまった。しかし国政選挙とは違って身近で、この住むまちをどこに導くのかを問う選挙。10代もぜひ一票を投じてほしい。無関心で終わらせず、しらけてしまわないことが大切である。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加