落選が確実になり、支持者にあいさつする中島徹さん=10日午後8時20分、佐賀市本庄町の事務所

 「あそこに立ちたかったです」。中島徹さん(42)は当確者の中継が流れるテレビを指し、唇をかんだ。

 3年前の雪辱を誓った参院選。玄海原発や自衛隊目達原駐屯地の前など、国策の「現場」でマイクを握り、必要性を強調した。

 自民党現職の当確が報じられた10日午後8時すぎ、事務所に入り、「一票の信用を得るまで力が及ばなかった」と振り返った。支持者約20人が周りで涙を浮かべ、拍手でねぎらった。

 政治団体・幸福実現党発足から7年。「反応も格段によくなり、手応えもあった。政治家をあきらめるつもりはない」と佐賀への貢献を誓った。

=2016佐賀参院選=

このエントリーをはてなブックマークに追加