■精密検査と医学的根拠に基づく治療を

 春は出会いの季節。お口周りが第一印象を決定づけることもあるので、見た目や臭いのエチケットには十分気を付けたいですね。現代では、成人の8割が「歯周病」を患い、不快な「口臭」を引き起こす原因ともなっているそうです。そこで、歯周病の専門治療に力を入れる池田歯科医院の池田達彦先生にアドバイスをいただきました。

自覚症状なく進行 歯を失う最大原因

 「歯周病」は歯ぐきと歯を支える骨の病気です。「歯がぐらぐら動く」「歯ぐきが腫れて痛い」「歯ぐきから出血する」「口臭がある」などの症状がある人の大半は歯周病だそうです。さらに歯周病は、歯を失う最大の原因にもなります。糖尿病や高血圧といった生活習慣病と同様に、自覚症状がないまま進行し、気付いた時には手遅れになっていることも多いため、注意が必要です。

 歯周病になる原因は、口の中のばい菌です。歯みがきだけではプラーク(歯垢=細菌のかたまり)を十分に落とし切れず、ばい菌が繁殖し、さまざまな炎症を引き起こします。さらにプラークの固まりが歯石となり、歯周ポケットの深部まで付着すると、外科治療を要するケースもあります。

 痛みを伴うむし歯と違って、歯周病ケアは後回しになりがちです。それを防ぐためにも、やはり定期検診を受け、早めの予防とケアを心掛けたいですね。

最新の唾液検査でオーダーメード治療

 ひと口で「歯周病」と言っても、原因菌の種類や、それにともなう症状は人それぞれ違います。当院では今年から「サリバテスト(唾液検査)」の最新機器を導入し、細菌の量や種類を測定しています。一人ひとりの原因や症状に合わせた「オーダーメイドの治療」を効果的かつ効率的に行っています。

 まずは、歯周病の原因となるプラークを取る基本治療をし、症状の進度によっては、専門的な高度治療へと進みます。

 抗生物質で細菌を死滅させる「歯周内科療法」。溶けてしまった骨を再生させる「歯周組織再生療法」。歯石を分解し、組織・細胞の再生を促す「レーザー治療」。さらに、専門の漢方薬剤師による、体に優しい「歯科漢方」(健康保険適用)の処方も可能です。

 当院のモットーは「なるべく痛くない・削らない・抜かない」。抜歯するしかない歯も残せるよう、最善の努力を尽くし、“歯の延命治療”を行っています。

画像

若者や女性も悩む 悪臭の原因除去

 歯周病は「口臭」も引き起こします。歯周ポケットの奥深くにプラークがたまり、揮発性硫黄化合物(VSC)というガスが発生。これが悪臭の元となるのです。このVSCの種類や原因を特定し、取り除くことで口臭を改善できます。

 当院では口臭診断とカウンセリングを行い、一人ひとりに合った治療計画を立てます。近年では若い人、女性の口臭外来も増えてきました。個室も用意し、プライバシーには万全の配慮を払います。口臭は治せないとあきらめないで、一度ご相談ください。

医師と自宅のケア 両立で再発防止

 歯周病は日々のケアを怠ると再発しやすく、定期的なメンテナンスが欠かせません。自宅で毎日行う「セルフケア」と、歯科医などが行う「プロフェッショナルケア」の両立が不可欠です。

 一日3回の歯みがきで、最も大切なのは夜の歯みがき。口の中のばい菌は夜、寝ている間に繁殖するからです。みがき残しのないよう、歯間ブラシやフロスも活用しましょう。当院では歯みがき指導を行っていますので、自己流で済ませていないかチェックするのもいいですね。また、不規則な食生活や喫煙、ストレス、口呼吸などの生活習慣を見直すことも大切です。

 そして3カ月~半年に1度は、信頼できる「かかりつけ医」で受診し、歯石取りなどのお手入れをしてください。適切に歯周病ケアをして、生涯、自分の歯で健康に食事できることを目指しましょう。

memo サリバテスト(唾液検査)

 「サリバテスト(唾液検査)」は、歯周病や口臭、むし歯の予防に欠かせない検査です。池田歯科医院では最新の検査機器を導入し、人それぞれ異なる原因やリスクまで特定します。検査は簡単。洗口剤を10秒間、口に含んでコップに戻すだけ。5分後には結果が出ます。予防歯科は保険適用外のため、検査代は初回3000円です。

ドクター紹介

画像

池田歯科医院 院長

池田 達彦

いけだ たつひこ 神奈川歯科大学卒業。神奈川歯科大学附属病院にて研修後、東京、横浜、湘南の歯科医のもとで経験を重ね、ふるさと佐賀に帰郷。2014年、父が開業した歯科医院を継ぐ。大学時代は「歯周病」について研究。現在は「無痛治療」を歯科医師に教える講師も務める。

画像

このエントリーをはてなブックマークに追加