店先で募金の協力を呼び掛ける思斉中の生徒たち=佐賀市久保田町のあんくる夢市場

 九州北部豪雨の被災者支援に役立てようと、佐賀市久保田町の思斉中生徒会が22、23の両日、町内のあんくる夢市場で募金活動を行った。参加した生徒たちは手作りの横断幕や募金箱を持ち、買い物客に協力を求めた。

 生徒会の6人が参加。近くの有明海で豪雨による犠牲者の遺体が発見されたことを受け、活動を始めた。17~20日は各クラスで募金を呼び掛け、約3千円を集めた。

 活動に参加した中島隆之介さん(15)は「今回の災害は人ごとではないと感じた。少しでも被害に遭われた方の力になれば」と話した。集まった義援金は日本赤十字社佐賀県支部を通じて被災地に届けられる予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加