今春、高校を卒業する生徒たちを紹介します(敬称略)。次回は鳥栖と鳥栖商の予定です。

■弘学館

 野沢 詩符音(のざわ・しふぉん)高校の思い出は、多くの先生が応援に駆け付けてくれたセンター試験本番。「日本から羽ばたく国際的な医療人を目指したい」と考え、金沢大を志望する。熊本県熊本市。

 末原 李沙(すえはら・りさ)県海外使節団や次世代リーダー養成塾でさまざまな知識を養った。部活動や寮生活でかけがえのない経験を積めたことが印象深い。国立大文系を志望する。佐賀市松原。

 谷口 拓大(たにぐち・たくと)小学2年から始めた囲碁で3度の全国大会に出場した。防衛医科大学校1次試験に力を出し切って合格したことが忘れられない。長崎大医学部を目指す。嬉野市塩田町。

 伊藤 憲司(いとう・けんじ)東京大理科一類を目指す。多くの夢を持ち、「何で」と疑問に思ったことを解明していくことが目標。数学オリンピックでは九州ブロックの優良賞を獲得した。唐津市相賀。

 山川 耕平(やまかわ・こうへい)文化祭では自分たちで取材して医療劇を制作した。寮長を務めるなど学年の先頭に立って引っ張ってきた。医師を目指して国立大への入学を目指す。福岡県大牟田市。

 山下 京華(やました・きょうか)吹奏楽部部長。急逝した恩師の願いでもあったコンクールで金賞(Bパート)を手にしたことが一番の思い出。国立大で産科医を目指していく。福岡県粕屋郡。

 今石 琴(いまいし・こと)眼科医として働く母のいとこが温かい声掛けで患者を笑顔にする姿にほれ込んだ。佐賀大医学部を目指し「相手の立場に立つことができる医師になりたい」。福岡県久留米市。

■高志館

 松原 正宗(まつばら・まさむね)農業クラブ役員で「レンゲ米プロジェクト」の発表で県大会優秀賞に輝いた。県農業大学校で有機農業などを学び「家業を継ぎたい」と語る。佐賀市富士町。(園芸科学科)

 北川 みさき(きたがわ・みさき)剣道部女子主将を務め、生徒会役員として活躍した。武雄看護リハビリテーション学校に進む。「努力を続け、頼られる看護師になる」。佐賀市富士町。(園芸科学科)

 成富 千佳(なるとみ・ちか)アーチェリー部女子主将。九州総体で団体3位の成績を収めた。ホテルニューオータニ佐賀に就職する。「ブライダル担当を目指したい」。佐賀市若宮。(園芸科学科)

 香田 菖吾(こうだ・しょうご)アーチェリー部副主将で全国総体に出場した。学業や資格取得にも意欲的に取り組んだ。春から中野建設で働き「トンネル建設に携わりたい」。佐賀市鍋島町。(環境緑地科)

 田中 瑛斗(たなか・えいと)野球部で、夜遅くまで自主練習に取り組んだ。学業も優秀だった。松尾建設に就職し、「安心して仕事を任せてもらえる社会人になる」。佐賀市久保泉町。(環境緑地科)

 梅崎 滉平(うめざき・こうへい)ボクシング部副主将。県総体では2位に輝いた。流通大手イズミに就職し、部活動で培った忍耐力を生かし、青果のバイヤーを目指す。佐賀市川副町。(食品流通科)

 西原 菜月(にしはら・なつき)「金柑(きんかん)メロンパン」を企画した課題研究が思い出。コカ・コーラウエストプロダクツで社会人の第一歩を踏み出し「早く仕事を覚えたい」。小城市三日月町。(食品流通科)

このエントリーをはてなブックマークに追加