決勝・鳥栖-早稲田佐賀 1回表鳥栖1死一、三塁、4番髙島海斗が中前に先制打を放つ=みどりの森県営球場(撮影・鶴澤弘樹)

 「自分までつないでくれた。絶対に返す」。八回表2死一塁。鳥栖の4番高島海斗はバットに気迫を込めた。打球は大きな弧を描いたが、左翼手のグラブに吸い込まれた。「4番を任されたのに」と悔しさをにじませた。

 決勝戦の朝、急きょ4番起用を告げられた。3番を担ってきた内田龍生が準決勝で手の小指を骨折したことが判明。「龍生の分までやるしかない」。基本5番でチームトップの4割超の打率を残し、快進撃を支えてきた高島が燃えた。

 初回1死一、三塁の先制機。「チームに勢いを」と初球の内角高めの直球を振り抜いた。打球は遊撃の頭上を越えて中前打に。この日唯一の得点だった。

 野球を始めたのは小学2年のとき。ずっと投手だったが、「自分のコントロールでは通用しない」と高校1年の秋に自ら野手転向を志願した。以来、チームに貢献するため、練習後も打撃の自主練習を重ねてきた。

 「頑張っている(亀川)嘉輝のためにも点を取ってやろう」。守備から戻るたびに仲間と声をかけ合ったが、先制直後に逆転されて以降、打線はつながらなかった。

 3年間の野球生活を振り返り、「仲間と決勝の舞台に立つことができてうれしかった」と高島。「次は必ず甲子園に」。後輩たちにかなわなかった思いを託し、球場を後にした。

このエントリーをはてなブックマークに追加