<定年って生前葬だな>。脚本家で作家の内館牧子さんの小説『終わった人』は、刺激的な書き出しで始まる。大手銀行の出世コースをはずれて子会社に転籍させられ、そのまま定年を迎えた主人公。仕事一筋の人生が区切りを迎え、その後に生きがいを求め、居場所探しをするというストーリーだ◆華やかに送られ、別れを告げるという意味で「生前葬」という言葉が使われるが、読めば決して「終わってない」ことを教えてくれる。恋に仕事にと悪戦苦闘しながらも、人生を楽しむ姿が描かれる◆年度末のきょうで定年を迎える人も多かろう。節目にはなるが、これで終わりではなく始まるのである。何らかの形で継続して働く人もいれば、地域の活動や仕事以外のコミュニティーに参加する人、趣味に打ち込む人もいる◆舞台が変われば「幸せの物差し」が違ってきてもいい。持ち物を減らしての身辺整理、孤独にならない程度の人付き合い、家族から自立するための一歩として料理を身につける…。さまざまな計画を立てての再スタートだろう◆くだんの小説の後書きで、内館さんは「定年になったら誰もが横一線」と書いている。どんなに地位や肩書きがあろうと、そこからは衣を脱ぎ捨てて、人として歩き始めるということだろうか。目の前の道を前向きに、そんなに無理せずに。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加