決勝・鳥栖―早稲田佐賀 3回裏のピンチで主戦亀川嘉輝(左)のもとに集まる鳥栖ナイン=みどりの森県営球場

 初戦の北陵戦から5戦目。激戦をしのいできた鳥栖の亀川嘉輝は、得意のスライダーを武器に我慢の投球で味方の援護を待ったが、6回5失点で降板。「回が進むにつれ、プレッシャーや疲れで球が伸びなくなった」と肩を落とした。

 先制した直後の一回裏。2死二、三塁で早稲田佐賀の安在悠真に粘られ、フルカウントから逆転の2点二塁打を右中間に運ばれた。「四球にしたくなかった。少し甘く入ってしまった」と亀川。悔しさで声を振るわせた。

 チームはこの夏、逆転に次ぐ逆転で勝ち上がった。追い込まれても、投手が頑張れば必ず攻撃へといい流れがつながっていくことを身をもって経験した。

 新チームにはこの夏を経験した2年生バッテリーが残る。「自分たちの分までしっかり頑張ってほしい」とエールを送った。

このエントリーをはてなブックマークに追加