指紋採取の体験をする来場者=佐賀市文化会館

 県民と警察の交流イベント「第34回県民と警察のつどい」(県警本部主催)が28日、佐賀市文化会館であった。佐賀県警察音楽隊などによるステージ演奏のほか、白バイ乗車体験や指紋認識体験の展示コーナーもあり、家族連れでにぎわった。

 ステージ演奏では、長崎県警察音楽隊と佐賀女子高合唱部をゲストに迎え、歌謡曲など10曲以上を披露。来場者は、多彩なプログラムに耳を傾けた。

 指紋認識体験コーナーには、幅広い世代が興味を示して参加した。ガラスに付いた自分の指紋にアルミ粉末をふりかけ、指紋を採取。鑑識捜査の現場を体感した。

 このほか、白バイの乗車コーナーや、警察官の制服試着体験などには、家族で記念撮影をする姿がみられた。

 指紋認識体験をした久保泉小3年の前田七海さん(9)は「指紋が付きすぎると見えなくなったけど、やってみて面白かった」と満足げだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加