選挙区対決の勝敗

 参院選改選数1の32選挙区をみると、全てに候補者を擁立した自民党はこのうち21選挙区で議席を獲得した。統一候補で対抗した民進、共産、社民、生活の野党4党は残る11選挙区を確保。福島と沖縄で現職閣僚を破り、野党共闘の効果を一定程度発揮したが、互角の戦いには持ち込めなかった。

 自民は秋田、栃木、群馬や、合区となった鳥取・島根、徳島・高知の両選挙区で現職が強さを発揮し、議席を守った。与野党の現職対決となった岐阜を制したほか、滋賀と奈良では新人が現職を破った。

 ただ29選挙区で勝利した前回2013年の結果には届かなかった。野党の結束にやや押された形だ。安倍晋三首相が公示後に2回応援に入った青森では、現職が新人に苦杯を喫した。

 野党は岡田克也民進党代表の地元三重で接戦をものにした。宮城での現職対決も激戦の末、競り勝った。だが全国的に見れば、関西、四国、九州で黒星を多く喫するなど、自民との力の差を見せつけられた印象は否めない。【共同】

=2016参院選=

このエントリーをはてなブックマークに追加