FC東京戦に向けたミニゲームで、シュートを放つFW小野(中央)=29日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第5節の4月1日午後4時から、東京都の味の素スタジアムでFC東京と対戦する。現在2位と好位置につけている相手から勝ち点3を奪い、浮上へのきっかけをつかみたい。

 鳥栖は通算成績1勝1分け2敗(勝ち点4)で12位。前節18日のC大阪戦は、後半にセットプレーから失点し、その後攻勢をかけたが、ゴールを揺らすことができず0-1で敗れた。15日のルヴァン・カップの新潟戦も2度先行しながら勝ち切ることができなかった。

 3月の3試合は守備陣が最少失点に抑える一方、好機を多くつくりながら得点に至らない場面が多かった。MF高橋は「守備の安定とともに、決めきることをもっと大事にしないといけない」と話す。

 FC東京は3勝1敗(勝ち点9)の2位。前節の川崎戦は今季加入組の大久保、ピーター・ウタカの両FWが得点し3-0で勝利した。ルヴァン・カップ仙台戦も6-0で大勝するなど、層の厚さが際立つ。DF吉田は「選手の特徴を頭の中で整理し、意識しすぎることなく臨む」と平常心を強調する。

 今節は第2節・川崎戦で途中交代したFW小野が復帰する見込み。小野は「自由を与えないプレーができれば。とにかく勝つことだけに気持ちを向ける」と闘志を燃やす。

このエントリーをはてなブックマークに追加