自身の旅の経験を基に講演した西野旅峰さん=佐賀市の久保田農村環境改善センター

 北南米や欧州、アフリカ大陸を自転車で旅してきた佐賀大OBの西野旅峰(りょお)さん(34)=山口県下関市=の講演会が、佐賀市の久保田農村環境改善センターであった。地元住民ら約70人に、「子どもが夢を語るには、まず周囲の大人が夢を語ることが大事」と語り掛けた。

 アマゾン、極寒のノルウェーやサハラ砂漠…。これまで踏みしめた80カ国の写真や動画を示し、自身の心の動きも振り返った。アフリカでは、紛争で手足を失った人や、学校へ通うことを諦めないといけなかった少女とも出会った。

 西野さんは「子どもや次世代を育てていくことが、恵まれた環境にいる人間の役割」と語り、自分なりに社会課題を解決する「パイオニア」が不足している日本の現状を指摘した。その上で「この町に必要な人材や、どういう子を育てていかないといけないか。その答えこそ大人が目指すべき姿だと思う」と訴えた。

 講演会は佐賀市文化連盟久保田支部が主催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加