さまざまな出来事があった2016年。佐賀県内では1月の記録的寒波、4月の熊本地震と自然災害が相次ぎ、夏の参院選では18、19歳が初めて1票を投じた。オスプレイや原発など国策絡みのニュースが途切れることはなく、リオ五輪での県関係選手の活躍や唐津くんちの文化遺産登録で地元は沸いた。この1年を各分野の担当記者が振り返った。

◆座談会出席者◆

 梶原幸司、林大介、山本礼史、大田浩司、村上大祐、青木宏文、藤生雄一郎、宮崎勝、古川浩司(スポーツ担当)

このエントリーをはてなブックマークに追加