■運転手処遇改善へ本腰 宅配便最大手のヤマト運輸でサービス残業が常態化するなど、運送業界の慢性的な長時間労働の実態が浮き彫りになる中、運転手の処遇改善に向けた議論が佐賀県内でも本格化してきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加