昭和57年製のカブ号。ウインカースイッチは右ハンドル側にある(フィルムで撮影)

 なんと「スーパーカブ(カブ号)」は片手運転も前提に設計された。左手で岡持ちを持つことを想定し「おそば屋さんの出前もラクラク」と宣伝した。昭和33年(1958年)の初期型・C100から基本設計は不変。片手運転こそできなくなったが、日本の風景に溶け込むデザインと驚異的燃費、タフなエンジンで今も愛され続けている。

=シリーズ 昭和のカケラ=
ソックタッチ
リリヤン
プロ野球カード
変速機付き自転車
ちゃぶ台
水飲み鳥
ホーロー看板
ガリ版(謄写版)
野いちご摘み
ミルメーク
レンゲソウ
ピンクの電話
テーブル型ゲーム機

このエントリーをはてなブックマークに追加