第24回参院選は11日午前、改選121議席全ての当選者が確定した。自民党は改選50議席から55議席へ伸ばし、参院第1党を維持した。非改選65議席を合わせて計120議席となった。追加公認した無所属1人を含めた新勢力でも、単独過半数(122)には1議席届かなかった。

 改選43議席の民進党は32議席にとどまり、非改選を含めて49議席へ勢力が後退。自民党との議席数の差が拡大した。

 連立与党の公明党は現行制度下で最多の14議席を確保した。おおさか維新の会は7議席、共産党は6議席を獲得。社民、生活両党は各1議席にとどまった。日本のこころを大切にする党、新党改革は議席を得られなかった。

 総務省によると、選挙区の投票率は54・70%だった。

【2016さが参院選 関連記事】
福岡資麿氏当選インタビュー
佐賀選挙区 記者座談会
県内主要5党 責任者の総括
福岡氏再選、各界注文 アベノミクス効果地方へ
与党大勝で佐賀県内有権者、各界反応
比例代表 県内の個人得票
比例代表 県内の政党別得票
県内の比例得票
比例共産落選 上村泰稔氏

このエントリーをはてなブックマークに追加