実際にカブトムシに触れる子どもたち=佐賀市のイオンモール佐賀大和

 「世界クワガタ・カブト大博覧会」が22日、佐賀市のイオンモール佐賀大和で始まった。夏休みに入って最初の週末で、多くの家族連れでにぎわった。8月6日まで。

 博覧会は、約20年前から昆虫の収集と繁殖をしている鳥越義則さん(60)=佐賀市=が毎年開催。世界中のカブトムシやクワガタ約35種類が展示・販売されている。カブトムシの採集を体験できるコーナーもあり、子どもたちはたくさんの成虫を目の前に、興味津々の様子だった。

 祖母と一緒に訪れた森永颯太君(6)は「角が3本あるカブトムシがかっこよかった」と目を輝かせた。鳥越さんは「生き物を通じて、親子が触れ合うきっかけになれば」と話した。入場料は小中学生300円、高校生・一般500円。

このエントリーをはてなブックマークに追加