動画サイト「ユーチューブ」で公開されている、壇蜜さんが出演する宮城県の観光PR動画「涼・宮城の夏」

 タレントの壇蜜さんが出演し、浦島太郎の昔話に出てくる「竜宮城」をモチーフにした宮城県の観光PR動画「涼(りょう)・宮(ぐう)城(じょう)の夏」が性的表現と受け止められかねないシーンがあると物議を醸している。

 村井嘉浩知事は24日の記者会見で、当面は配信を継続する考えを示した。「アクセス数が多く成果がある」と述べた。視聴回数は220万回を超えている。

 動画の配信は県が9月まで実施する観光キャンペーンの一環。村井氏は期間中、壇蜜さんを招いたイベントが予定されていることも継続の理由に挙げた。一方で「不快に思った人がいるのなら、(停止の時期を)今後しっかり考えなければならない」とも語った。

 動画は壇蜜さんが宮城県の名物や観光名所を紹介する内容。制作費2300万円は、復興の寄付金などが原資の基金から拠出した。壇蜜さんの唇をクローズアップするといった表現があり、女性県議が配信中止を申し入れたほか、否定的な電話やメールが県に約120件寄せられている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加