SFTSウイルスを媒介するタカサゴキララマダニ(上)とフタトゲチマダニ(国立感染症研究所提供)

 厚生労働省は24日、西日本の50代女性が昨年、野良猫にかまれた後にマダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を発症し、死亡していたことが分かったと発表した。哺乳類から感染したとみられる世界初のケースとしている。

 今年に入ってペットのイヌやネコの発症も1例ずつ確認された。厚労省は、感染はまれで、屋内で飼っているネコにはリスクはないとしているが、屋外にいる体調不良のペットに接触する場合は注意するよう呼び掛けている。

 厚労省によると、昨年夏、女性が弱った野良猫を動物病院に連れて行こうとした際に手をかまれ発症、約10日後に死亡した。

 残っていた組織を検査したところ、今年初めにSFTSと確定した。女性がマダニにかまれた痕はなかった。厚労省は、最初にネコがマダニにかまれてウイルスに感染し、女性にうつしたとみている。

 これまでSFTSは森林や草地に生息するマダニに人が直接かまれることで感染すると考えられていた。

 厚労省は体調不良の動物と接する際には、手袋などの感染予防措置を講じるよう、日本獣医師会などに通知。ネコの飼い主には、ダニ駆除剤を投与したり、体調不良の際に動物病院に受診したりすることを勧めている。

 SFTSは日本、中国、韓国で確認されている新しい感染症で、有効な治療薬はない。国内では2013年に初の患者が確認された後、266人の患者が報告され、うち57人が死亡している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加