事務所に駆けつけた支持者にあいさつする田中路子さん=唐津市西唐津の事務所

 8年前の市長選とほぼ同じ得票数に事務所に集まった約30人の支持者の表情は落胆の色を隠さなかった。唐津市内の事務所に現れた医療法人理事長の田中路子さん(69)は、一人一人と握手しながら「今までありがとう」と声を掛けた。

 自身3度目となる市長選では、「経営者と女性の目線で市政を立て直せるのは私だけ」と訴え、旧来の市政を不透明と批判した。

 ガラス張りの選挙カーなどを例に挙げながら田中さんは「今度の選挙では市民に新風を送れたはず。10代の若い有権者には今後の市政を厳しい目で見てほしい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加