福岡県朝倉市の筑後川で行方不明者を捜索する自衛隊員=24日午前

 福岡県は24日、九州北部の豪雨による県内の被害額が1197億円に上ると発表した。23日までに把握した分の取りまとめで、額はさらに増える可能性がある。県は補正予算の編成などで本格的な復旧・復興に取り組む方針。大分県は被害額を少なくとも206億円としており、被害総額は両県で約1400億円を超える。

 内訳は、公共土木施設関係で道路施設275億円、河川施設409億円、砂防施設89億円。農林水産関係の被害は計288億円で、農作物17億円のほか、山崩れによる林地被害やため池の崩壊などがあった。土砂や流木によって特に朝倉市に被害が集中している。

 政府は21日、激甚災害指定について、福岡県朝倉市、東峰村、添田町と大分県日田市の4市町村が公共土木などの復旧事業の支援対象となると表明した。農業被害は地域を特定せず支援するとしている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加