前進座の俳優に見得の切り方を学ぶ子ども=佐賀市のエスプラッツホール

■歌舞伎プレ体験

 佐賀子ども劇場が主催する創作歌舞伎「牛若丸」公演(2月7日・佐賀市文化会館)を前に同劇場が、子どもたちへ歌舞伎をはじめとした日本文化体験を行っている。

 文化体験は佐賀市内各地で、公演する前進座の役者による歌舞伎ワークショップや、歌舞伎独特のメーク「隈(くま)取り」のお面製作、茶道などの体験を行っている。

 ワークショップでは4人の役者が、歌舞伎や芝居の楽しみ方などを分かりやすく説明。一緒に立ち回りの練習や「隈取り」の化粧を実際に描いてもらったり、体験することで歌舞伎を身近に感じた。

 子どもたちは歌舞伎独特の動きを学んで楽しそうに体を動かし、歌舞伎に興味を持った様子。「実際に立ち振る舞いを体験できて楽しかった。舞台にワクワクしている」などと本番を待ちきれないようだった。

 同劇場の柿本由美子事務局長は「美しくかっこいい日本の伝統芸能に触れ、楽しんでほしい」と観劇を呼び掛けている。公演は7日午後7時開演で、4歳以上が入場可。チケットは前売り4000円(当日500円高)。また、同劇場への入会で観覧できる。問い合わせは同劇場、電話0952(23)6797。

このエントリーをはてなブックマークに追加