言葉や声を通したコミュニケーションの極意について語る吉川美代子さん=佐賀市文化会館大ホール

■TPO、相手に合う言葉や声を 

 佐賀新聞のメンバーズクラブ「Begin(びぎん)」の本年度第3回講座が29日、佐賀市文化会館であった。女性キャスターの先駆けとして知られる元TBSアナウンサー吉川美代子さんが、声と言葉の持つ力を分かりやすく解き明かし、コミュニケーションの極意を伝授した。

 吉川さんは「コミュニケーションとは、言葉と言葉のキャッチボールのようなもの」と指摘。相手が自分の言葉を受け取ってくれないと気持ちが通じず、投げ返せないとして「TPOや相手にぴったり合う声や言葉を使うことが大切」と訴えた。

 また吉川さんは報道番組を担当する前、記者として現場を踏んでおり、「正しく表現するだけでは説得力がない。相手の立場になって心を込めて伝えることが重要」と強調した。

 Beginは2016年度の全講座を終了。来年度の講師は、弁護士の橋下徹さん、料理研究家の浜内千波さん、テノール歌手の秋川雅史さんの3人に決まっている。問い合わせはBegin事務局、電話0952(28)2142。

 (吉川美代子さんのインタビューを後日掲載する)

 協 賛 社 江頭仏壇店、佐賀銀行、佐賀ダイハツ販売、JTB九州佐賀支店、ニューポーン、ホテルニューオータニ佐賀、ミサワホーム佐賀、ミズ溝上薬局、村岡屋、メガネのヨネザワ(五十音順)

このエントリーをはてなブックマークに追加