気象庁は12日、梅雨前線の影響で、九州北部を中心に13日未明から朝にかけ、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る所があるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に厳重な警戒をするよう注意を呼び掛けた。

 12日も局地的に激しい雨が降り、長崎県の石田で1時間に41・5ミリ、厳原で38・0ミリの雨を観測した。13日午後6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、福岡と熊本が400ミリ、大分350ミリ、長崎300ミリ。

このエントリーをはてなブックマークに追加