企業の育児・介護支援をテーマにしたセミナーが15日午後1時半から、佐賀市のアバンセで開かれる。東レ経営研究所の渥美由喜(なおき)研究部長・首席コンサルタントが「大介護時代を乗り切るための経営戦略」と題して講演する。参加無料。

 渥美氏はダイバーシティ(多様性)とワークライフバランスの調査・研究が専門。自らも2児の育児、父親の介護に携わっている。少子高齢化による大介護時代の到来が伝えられる中、企業経営の観点から人材の確保と流出防止の手だてを語る。

 経済団体や行政などでつくる女性の大活躍推進県会議が主催。事前申し込みが必要で、定員300人になり次第締め切る。問い合わせは事務局(県男女参画・女性の活躍推進課内)、電話0952(25)7062へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加