今大会屈指のスラッガー、佐賀商の4番野中翔太が、この夏最初の一振りでいきなり真価を発揮した。 初回無死満塁で打席に立つと、ボール球を見送ってからの2球目、高めの直球をバットの芯で捉えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加