鳥栖―神戸 前半13分、ドリブルで攻め込む鳥栖DF吉田(左)=兵庫県神戸市のノエビアスタジアム神戸

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第2ステージ第2節でヴィッセル神戸と2-2で引き分けた。攻撃陣が2得点と奮起したが、守備は2試合続けての複数失点を喫した。この試合をMF高橋義希選手にふり返ってもらった。

 先制されたが、プレーしていて逆転できる雰囲気はあった。実際、前半のうちに追い付いて後半すぐに勝ち越した。前半から攻撃の形ができていて揺さぶったことで、神戸の選手は後半、疲れているように思えた。あれを続けていくことが今後大事になってきそうだ。

 ただ、勝ち越したあとの試合運びはもう少しやり方があったように感じる。チャンスもつくれていたし、そこで決めていればよかったのだが。3点目になりそうだった鎌田のシュートがGKの好守に阻まれた場面は、相手をほめるしかない。

 この試合のような展開は、第1ステージの流れだったら負けていた可能性もあった。踏ん張って負けなかったことは大きい。一方で勝てた試合でもあった。チーム力がついてきたように感じるけど、勝ちきれなかったことはしっかり反省していきたい。

 13日の湘南戦は順位が近い相手でもあり大事な試合になる。湘南はけっこう鳥栖とスタイルが似ていて、全員で戦ってくる。神戸戦でできたことはしっかりと続け、2失点の反省すべき所はしっかり修正しないといけない。また連戦なので、コンディションを整えて臨みたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加