■遠い記憶に満ちた大河 学生だったころ、雨の多い年だった。自宅から筑後川まで自転車で5分。葦(あし)の茂る渡し場から小さな船に乗り、対岸の鐘ケ江の渡し場に着く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加