赤ちゃんを産みたい妊娠中の女性を支援している「佐賀いのちを大切にする会」(林田紀子代表)は13日から17日まで、「妊娠SOSほっとライン」と題し、出産に対する周囲の理解や経済面などで困っている妊婦の無料電話相談を受け付ける。

 同会はおなかの赤ちゃんのために基金による支援活動を行い、毎週火曜日にも電話相談を受けている。2000年から今年6月までに、県内で42人の赤ちゃんの出産をサポートした。

 同会などは7月13日を「生命尊重の日」としており、妊娠SOSほっとラインは特別週間として取り組む。ほっとラインは各日午前11時から午後3時まで。佐賀いのちを大切にする会、電話0120(106)896へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加