通学児童に安全な通行を呼び掛ける池田副知事(左から2人目)と警察官ら=佐賀市の中央郵便局前交差点

 佐賀市の中央郵便局前交差点で12日、池田英雄副知事や佐賀県警の川原義之交通部長らが街頭に立ち、自転車による通勤通学者や通学中の児童に安全な通行を呼び掛けた。

 夏の交通安全県民運動に合わせて実施した。街頭指導に立った川原交通部長は県民運動に伴い、交通取り締まりのほか“未来のドライバー”である小中学生に向けた中長期的な啓発活動も行うといい、ドライバーに向けては「自分は大丈夫という過信や油断が重大事故につながる。免許を取った時の気持ちを思い出して」と呼び掛けた。

 県民運動は20日までの期間中、県内各地で街頭指導や交通安全教室を開き、「自転車の安全利用の推進」「道路横断中の交通事故根絶」などに取り組んでいく。

このエントリーをはてなブックマークに追加