手元に折り畳み式の小さなナイフがある。中国大陸からわずか2キロの沖合に浮かぶ台湾の島、金門島の特産品だ。この島は1958(昭和33)年、中国側が激しく砲撃を加えた「金門砲戦」で知られる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加